大腿筋膜張筋
tensor fasciae latae muscle
(テンサー・ファッシィ・ラティ・マッスル)

大腿筋膜張筋の概要

大腿外側面に走行する腸脛靭帯に繋がる筋であり、股関節外転に働くとともに歩行時や走行動作において股関節屈曲する際に股関節が外旋するのを防ぎ脚の向きを調整する重要な筋である。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:上殿神経(L4~5)
起始 腸骨稜外唇の前部、上前腸骨棘、大腿筋膜の深面
停止 腸脛靭帯を介して脛骨外側顆の下方(ガーディ結節)
作用 股関節の外転、屈曲、内旋、大腿筋膜の緊張
筋体積 76㎤
筋線維長 9.5cm
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0
PCSA 8.0㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.