ウィンドラス機構(windlass=巻き上げ機)

足趾を伸展すると足底腱膜の前方部分は遠位側に滑走し足底腱膜の緊張が亢進することで、前足部の剛性が高まる(ウィンドラス機構)

歩行の立脚終期で前足部剛性を高めしっかりと床面を蹴り出すためには足底腱膜の緊張が不可欠である。

 

ウォーミングアップ:ウォームアップ(うぉーみんぐあっぷ:うぉーむあっぷ)

目的はパフォーマンスの向上であり、効果として心拍数の上昇、筋温上昇、関節可動域の拡大、関節周囲の軟部組織の柔軟性の向上、大脳の興奮水準を高め運動学習の効果を引き出す。脊髄レベルの反射・反応速度の向上があげられる。

 

烏口肩峰弓(C-A arch)

肩峰~烏口肩峰靭帯~烏口突起で作られるアーチ状の空間。この空間にある棘上筋腱と肩峰下滑液包が腕を挙げる動作でアーチの天井部と上腕骨頭に挟み込まれるような現象が起こる。

 

烏口鎖骨靱帯

烏口鎖骨靱帯は肩甲骨烏口突起の上面と鎖骨外側端の下面とを結ぶ強い靱帯で菱形靱帯と円錐靱帯の2部分よりなる。

菱形靱帯は関節面が斜位を取る肩鎖関節の脱臼を防ぐことに与かり、また肩甲骨が前方、内方に動くのを制限する。円錐靱帯は肩甲骨が後方に動くのを制限する。

烏口肩峰靱帯の図

烏口上腕靱帯(CHL)

烏口上腕靱帯は烏口突起の外側縁の全長と基部から起こって関節包の上部を被い、やがて関節包に癒合して上腕骨の大・小結節に着く、関節包の上面を補強する強い靱帯である。

烏口上腕靱帯の図

運動学習(うんどうがくしゅう)

各種の運動を学習する事を指す。感覚と運動を協同的に用いる知覚運動協応によってなされる。運動は単一の要素でなされることは無く、一連の行動連鎖をなしている。運動学習を勧めるときにこの行動連鎖を構成要素に分解する、これを課題分析という。運動学習は運動遂行後に正誤が判定され、誤りから修正する学習方法を用いる。この際に適切なフィードバックを入力する事で運動学習を促進する事が出来る。

 

運動療法(うんどうりょうほう)

運動療法とは、障害や疾患の治療や予防のために運動を活用する治療法を指します。

予防としては生活習慣病と呼ばれる糖尿病・高血圧・脂質異常症・虚血性心疾患等の発生には運動不足が指摘されており、介護予防教室や、デイサービスなどでの健康体操、生涯スポーツの推進などが予防的な運動療法に該当します。

また、生活習慣病においては従来の薬物療法に加えて食事療法と運動療法の併用の重要性が高まっています。

理学療法は運動療法と物理療法を用いたアプローチを図りますが、メインとなる治療は運動療法となります。運動療法には有酸素運動としての歩行訓練やエアロバイク、抵抗運動としての筋力トレーニング、疾患別の体操などがあります。

⇒関連用語:物理療法、有酸素運動、無酸素運動、抵抗運動

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2022 All Rights Reserved.