凹凸の法則(おうとつのほうそく)

凹凸の法則とは凸状の関節面側が固定されて凹状の関節面側を動かす場合にはその凹状の関節面は関節の運動方向と同じ方向に動きます(凹の法則)また、凹状の関節面が固定されて凸状の関節面を動かす場合には凸状の関節面はその関節の運動方向とは反対の動きをします。(凸の法則)

 

オーバートレーニング(おーばーとれーにんぐ)

適切な休養が無い状態で高負荷なトレーニングを続けると、かえって筋力が低下する現象を指します。運動量が十分であるにも関わらず、筋力増加がみられない場合や、むしろ筋力低下している場合にはオーバートレーニングを疑います。

 

温熱療法(おんねつりょうほう)

温熱を利用した物理療法を指す。温熱効果としては,末梢循環の改善,心拍による血液の出量の増大,発汗や新陳代謝の促進,筋緊張の緩和,鎮痛作用、リラクゼーションなどがある。直接温かいもの触れる事で熱を得る方法を伝導熱、光線や赤外線などを放射することで温める放射熱、非熱エネルギーを体内に作用させて熱を生み出すエネルギー変換熱がある。

代表的な温熱療法

伝導熱

・ホットパック(湿熱・乾熱)

・パラフィン浴

・温浴

放射熱

・赤外線

エネルギー変換熱

・超音波

・マイクロ波

⇒関連用語:物理療法、寒冷療法

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2022 All Rights Reserved.