サルコペニア(さるこぺにあ)

1989年にアメリカの学術雑誌ではじめて提唱された言葉で、ギリシャ語で筋肉を意味する「サルコ(sarx/sarco)=筋肉」と喪失を意味する「ペニア(penia)=喪失」を合わせた造語です。主に加齢により全身の筋肉量と筋力が自然低下し、身体能力が低下した状態と定義されており、「加齢性筋肉減弱現象」とも呼ばれています。サルコペニアは加齢に伴い、運動不足や消化・吸収機能の低下から筋タンパク質合成能が低下し、筋タンパク質分解能が亢進した状態と背景とした筋委縮を主とした状態を指します。

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2022 All Rights Reserved.