腰痛(ようつう)

厚生労働省2015年国民生活基礎調査によると日本での腰痛保有者は2800万人であり国民の4人に1人は腰痛を持っているという国民病である。腰痛の原因は様々であり、椎間板ヘルニアや脊椎圧迫骨折など明確な理由をもつ疼痛が15%、原因が特定できない非特異的腰痛が85%を占める。ただし、全員が詳細な検査をしている訳ではないので非特異的腰痛がすべて心因性疼痛というものでは無い。あくまで全体の腰痛者のうち明確な診断を下されたものが15%と考えるべきである。そのため原因が器質的な部分にある腰痛者は多い。

整形外科徒手テストや動作分析による評価は重要な指標とである。

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.