ロコモティブシンドローム(ろこもてぃぶしんどろーむ)

ロコモティブシンドロームとは、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態 」のことを表し、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器管のことで、骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などから構成されています。運動器の機能低下には障害と、老化に伴う機能低下があります。

ロコモティブシンドロームの予防や改善には適切な栄養と運動習慣を身に着けることが有効です。

⇒関連用語:肥満、運動器、フレイル

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.