小指外転筋
abductor digiti minimi muscle
(アブダクター・ディジタイ・ミニマイ・マッスル)

小指外転筋の概要

小指の屈曲や外転に働く筋であり、短小指屈筋、小指対立筋と共に小指球の膨らみを形成する。小指外転筋は3筋の中でも最も表層にあり、小指球の外側に位置する。

小指外転筋は小指球を構成する浅層の筋で最も尺側に位置しています。

小指外転筋の特徴

小指外転筋は小指MP関節の純粋な外転に作用します。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:尺骨神経の深枝(C8~T1)
起始 豆状骨、豆鈎靱帯、屈筋支帯
停止 小指の基節骨底の尺側
作用 小指の外転、MP屈曲
栄養血管 尺骨動脈

臨床での観点

尺骨神経障害に用いられる電気生理学的検査の対象筋として利用されます。

小指外転筋の筋力は必ずMP関節を伸展位として検査します。MP関節が屈曲位では、側副靱帯が緊張するため可動域が減少し筋力低下と間違えることがあるためです。

関連疾患

・肘部管症候群(尺骨神経高位麻痺)

・Guyon管症候群(尺骨神経低位麻痺)

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.