長母指外転筋
abductor pollicis longus muscle
(アブダクダー・ポリシィス・ロンガス・マッスル)

長母指外転筋の概要

母指外転の主力筋であり手関節を撓屈する働きを持つ。腱は手の甲の付け根にある伸筋支帯の第1管を通り母指の付け根まで伸びる。

長母指外転筋は前腕伸筋群の深層筋の一つです。

手関節の近位レベルにおける長母指外転筋は長橈側手根伸筋腱、短橈側手根伸筋腱を押さえ込むように巻き込みながら短母指伸筋とともに総指伸筋の深層へと進入します。

長母指外転筋腱は短母指伸筋腱とともに第1区画を通過します。約60%で2つの腱を隔てる隔壁が存在します。

長母指外転筋腱は短母指伸筋腱の橈側を併走します。

長母指外転筋は母指手根中手関節(CM関節)の掌側を通過します。

長母指外転筋の特徴

長母指外転筋は母指CM関節の掌側外転に作用し、手関節にはその走行上、掌屈に関与します。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:橈骨神経深枝の後骨間神経(C7~8)
起始 橈骨・尺骨中部の背側面、前腕骨間膜の背側面
停止 第1中手骨底の背側
作用 手関節の撓屈、母指の外転

臨床での観点

橈骨神経麻痺症例では長母指伸筋や短母指伸筋より近位で神経が分布する関係上、両筋より早く回復兆候が現れます。

しかし、母指の外転には正中神経に支配される短母指外転筋が残存しているため。母指の外転ができるか否かを判断するのではなく

長母指外転筋に十分な収縮があるかを観察することが必要です。

de Quervain(ドケルヴァン)病では短母指伸筋とともに疼痛の原因となる筋です。

腱鞘の部分だけでなく筋腹にも圧痛を有する症例が多いです。

関連疾患

・長母指外転筋腱断裂

・機骨神経麻痺

・後骨間神経麻痺

・deQuervain(ドケルヴァン)

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.