母指内転筋
adductor pollicis muscle
(アダクター・ポリシィス・マッスル)

母指内転筋の概要

手掌の屈筋の中でも最も深層にある筋であり、起始が2頭に分かれており母指内転作用を持つ。比較的大きい筋で母指球の膨らみを形成する。

母指内転筋は母指球の内側に位置する深層筋で尺側種子骨を頂点として扇状に広がっています。

母指内転筋の特徴

母指内転筋は母指CM関節の内転に作用します。比較的幅広く走行するため部位によっては母指の対立や屈曲にも補助的に関わります。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:尺骨神経の深枝(C8~T1)
起始 ①横頭:第3中手骨の掌側面②斜頭:屈筋支帯、有頭骨を中心とした第2.3中手骨底の掌側
停止 母児の基節骨底
作用 母指の内転

臨床での観点

母指内転筋の機能をみる簡便な方法としてFroment徴候をみる方法があります。これは尺骨神経麻痺を見分けるポイントとなります。

母指の内転拘縮の改善には装具等を用いた母指内転筋への持続伸張が必要となる場合が多いです。

関連する疾患

・肘部管症候群(尺骨神経高位麻痺)

・Guyon(ギヨン)管症候群(尺骨神経低位麻痺)

・母指内転拘縮

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.