腕橈骨筋
brachioradialis muscle
(ブレイキオレイディアリス・マッスル)

腕橈骨筋の概要

前腕前面の外側に位置する筋。橈骨神経に支配される唯一の屈曲筋として肘関節屈曲に貢献する。前腕を走行するほかの筋とは異なり手関節の動きには関与しない。

腕橈骨筋の上腕骨付着の遠位に長橈側手根伸筋の付着が続く。

腕橈骨筋の特徴

肘関節伸展位では起始と停止を結んだ線状に肘関節屈伸軸が一致するため腕頭骨筋には肘関節の屈曲トルクは生じなくなります。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:橈骨神経(C5~6)
起始 上腕骨外側顆上稜近位2/3、外側筋間中隔
停止 橈骨の茎状突起の橈側面
作用 肘関節屈曲(回内位)、前腕(橈尺関節)回内・回外位から中間位に戻す
筋体積 83㎤
筋線維長 27.0cm
速筋:遅筋(%) 60.2:39.8
PCSA 3.1㎠
栄養血管 橈骨反回動脈

臨床の観点

上腕骨骨幹部骨折後に生じる橈骨神経麻痺では腕橈骨筋もその影響を受けます。しかし肘関節屈曲作用については上腕筋、上腕二頭筋が残るため大きな障害は生じません。一般的には下垂手、下垂指が問題となります。

筋皮神経麻痺が生じた場合は上腕二頭筋などが麻痺するため非常に重要な肘屈曲筋へと変化します。また腕橈骨筋と長橈側手根伸筋は肘関節に及び巣作用が非常に似通っていますので手関節機能の有無で両筋を区別する必要があります。

関連疾患

・橈骨神経麻痺

・筋皮神経麻痺

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.