背側骨間筋(手部)
dorsal interossei muscle
(ドーサル・インターロスィァイ・マッスル)

背側骨間筋(手部)の概要

手背浅層に位置する唯一の筋であり、中指を中心に開く手指外転に働き、じゃんけんのパーを作る。4つの筋からなりそれぞれ起始部が2頭に分かれている。

第1・第2背側骨間筋腱はそれぞれ示指・中指の橈側を走行し、第3・第4背側骨間筋腱は中指・環指の尺側を走行します。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:尺骨神経の深枝(C8~T1)
起始 第1~5中手骨の相対する面
停止 ①橈側:第2指基節骨底の橈側と指背腱膜②中央2か所:第3指基節骨底の両側と指背腱膜③尺側:第4指尺側の基節骨底と指背腱膜
作用 第2,4指MP外転、第3指MP撓屈、尺側外転、第2,3,4指MP屈曲及びDIP、PIP伸展

背側骨間筋の特徴

背側骨間筋は、MP関節屈曲PIP関節・DIP関節伸展に作用する以外に、手指の外転に作用する。

臨床での観点

尺骨神経麻痺では驚手変形が有名だが、尺骨神経麻痺だけでは橈側2本の虫様筋が残存するため純粋な鷲手とはなりません。

MP関節屈曲位ではPIP関節が屈曲でき、MP関節伸展位ではPIP関節の屈曲が制限される場合は虫様筋、背側・掌側骨間筋の拘縮が存在しています。

関連疾患

・肘部管症候群(尺骨神経高位麻痺)

・Guyon管症候群(尺骨神経低位麻痺)

・手内筋拘縮

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.