尺側手根伸筋
extensor carpi ulnaris muscle
(イクステンサー・カーパイ・アルネィリス・マッスル)

尺側手根伸筋の概要

前腕後面の内側を走る二関節筋であり、手関節背屈に加え尺側手根屈筋と同様に尺屈の働きを持つ。

尺側手根伸筋のすぐ橈側には,小指伸筋が位置します。尺側手根伸筋腱は、前腕回外位から回内位へと変化する際に尺骨茎状突起基部の膨隆を乗り越えるように走行が変化します。

尺側手根伸筋腱は第6区画を通過します。

尺側手根伸筋腱は三角線維軟骨複合体(TFCC)の尺側を支持する壁となる。

尺側手根伸筋の特徴

尺側手根伸筋は手関節の純粋な尺屈に作用します。これは尺側手根伸筋腱が橈骨手根関節レベルでは屈伸軸の背側を通過し手根中央関節レベルでは掌側を通過するために互いの機能が相殺されるためである。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:橈骨神経(C7~8)
起始 ①上腕頭:上腕骨外側上顆②尺骨頭:尺骨の斜線と後縁
停止 第5中手骨底の背側面
作用 手関節の尺屈、背屈
筋体積 17㎤
筋線維長 7.4cm
速筋:遅筋(%) ーーーーーー
PCSA 2.3㎠

臨床での観点

尺側手根伸筋腱腱鞘炎は伝票めくりなどの作業が多い事務職に多くみられます。これは回内・回外により尺側手根伸筋腱の走行が変化するために生じる機械的ストレスが原因となります。

上腕骨外側上顆炎は短橈側手根伸筋や総指伸筋が疼痛の引き金になる場合が多いのですが、その一部には尺側手根伸筋が疼痛発生に関与するケースも散見されます。

三角維軟骨複合体(TFCC)をエコー観察する際尺側手根伸筋腱の長軸画像をランドマークとして描出すると再現性のある検査が可能となります。

関連する疾患

・尺側手根伸筋腱腱鞘炎

・尺側手根伸筋腱脱臼

・尺側手根伸筋腱断裂

・上腕骨外側上顆炎

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.