橈側手根屈筋
flexor carpi radialis muscle
(フレクサー・カーパイ・レィディアリス・マッスル)

橈側手根屈筋の概要

前腕の表層にある手関節屈曲(掌屈)筋であり手関節の撓屈作用も持ち、肘関節を跨いで起始し肘関節屈曲及び前腕回内作用も持つ二関節筋です。

手関節掌側では長掌筋腱の橈側に位置します。橈側手根屈筋腱と長掌筋腱の間には正中神経が位置し橈側手根屈筋腱の橈側には橈骨動脈が位置します。

橈側手根屈筋の特徴

橈側手根屈筋は手関節の掌屈から撓屈に作用し肘関節では補助的に屈曲に作用します。この筋肉は内側上顆から斜め外方へと走行しているので前腕回外位では回内作用を有しています。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:正中神経(C6~7)
起始 上腕骨内側上顆(共通屈筋起始部)
停止 第2中手骨底掌側面
作用 手関節の掌屈、撓屈、前腕回内、補助的な肘関節屈曲
筋体積 35㎤
筋線維長 9.0cm
速筋:遅筋(%) ーーーーー
PCSA 3.9㎠
栄養血管 尺骨動脈

臨床での観点

手関節の掌屈運動は橈側手根屈筋と尺側手根屈筋のバランスの中で調整されています。例えば尺骨神経麻痺により尺側手根屈筋の機能低下がおきると手関節は橈屈を伴った掌屈運動を呈します。

内側投球肩障害肘では橈側手根屈筋の筋腹に強い攣縮と圧痛を呈する例が多いです。

関連疾患

・橈側手根屈筋腱断裂

・正中神経麻痺

・投球肘障害

・手関節拘縮

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.