長母指屈筋
flexor pollicis longus muscle
(フレクサー・ポリシィス・ロンガス・マッスル)

長母指屈筋の概要

前腕から起始して母指の先まで伸びる母指屈曲筋であり深指屈筋と並んで走行し筋肉は浅指屈筋に覆われている。腱は長い腱を包め僧滑液鞘を通らず固有の滑液鞘を通過する。

長母指屈筋は前腕掌側にある屈筋群の深層に位置し筋腹はほぼ橈側半分に位置する半羽状筋です。長母指屈筋腱は内転筋と短母指屈筋、母指対立筋との間を通過します。

長母指屈筋の特徴

長母指屈筋は主に母指IP関節の屈曲に作用する筋肉です。またその走行上、MP関節の屈曲、手関節の掌屈にも関与しています。

手関節が掌屈位では長母指屈筋はその働きを失います。(テノデーシスアクション)

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:正中神経の前骨間神経(C8~T1)
起始 腰骨前面、前腕骨間膜の前面
停止 母指末節骨底の掌側
作用 母指のIP・MP屈曲、手関節の撓屈
栄養血管 前骨間動脈

臨床での観点

長母指屈筋固有の筋力を評価したい場合には母指P関節の筋力をみる必要があります。Voikmann拘縮で障害を受ける筋の一つです。

母指屈筋腱の皮下断裂は非常に稀とされていますが橈骨遠位端骨折後の変形が原因で生じる遅発性長母指屈筋腱断裂には注意が必要です。

関連疾患

・母指屈筋腱断裂

・Volkmann拘縮

・前骨間神経麻痺(正中神経高位麻揮)

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.