中殿筋
gluteus medius muscle
(グルティアス・ミディアス・マッスル)

中殿筋の概要

大殿筋の上部に位置し一部は大殿筋に覆われている。股関節外転の主力筋として働き、股関節の外旋・内旋作用も併せ持つ。中殿筋に麻痺が起こると歩行中に骨盤の下制が起きる『トレンデレンブルグ徴候』がみられる。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:上殿神経(L4~S1)
起始 腸骨翼の殿筋面(前殿筋線と後殿筋線の間)、腸骨稜の外唇、殿筋腱膜
停止 大腿骨の大転子の先端と外側面
作用 ①全体:股関節外転②前部:股関節の内旋・屈曲③後部:股関節の外旋・伸展
筋体積 411㎤
筋線維長 6.8cm
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0
PCSA 60.4㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.