頸腸肋筋
Iliocostalis cervicis muscle
(イリオコスタリス サヴィサス マッスル)

頸腸肋筋の概要

脊柱起立筋の中で最も外側にある腸肋筋群の一番上部に位置する筋であり主に、胸椎及び頸椎を伸展させる働きがあり頸部の側屈作用も併せ持つ。

肋骨にも付着する腸肋筋は肋横突関節(肋骨結節の関節部と同番号の胸椎横突起先端部との関節)や、肋椎関節(胸椎と肋骨との間の関節)を動かす働きもある。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:脊髄神経の後枝(C4~L3)
起始 第3~6(または7)肋骨の肋骨角
停止 第4~6頸椎の横突起の後結節
作用 頸椎の伸展・側屈(同側)
筋体積 3.7㎤
筋線維長 8.6cm
速筋:遅筋(%) ーーーーーーー
PCSA 0.4㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.