内腹斜筋
internal oblique(インターナル オブリーク)

内腹斜筋の概要

外腹斜筋の深層にある筋であり、腸骨稜を中心に扇状の筋線維が外腹斜筋と直角に走る。外腹斜筋や腹横筋と内臓を収める腹壁を形成。主に体幹の側屈(同側)および回旋(同側)に働く。

同側回旋の動きとは筋肉の位置している側に捻じる動きを指す。例えば右投げの投手が投球動作で体幹を回旋する場合、体幹は左向きに回旋するため左の内腹斜筋が使われる。体幹を捻じる種目の選手は利き手と反対側の内腹斜筋が発達していることが多い。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:肋間神経(胸腹神経および肋下神経)(T10~12)、腸骨下腹神経(L1)、腸骨鼠径神経(L1)
起始 ①腸腰筋膜深葉、上前腸骨棘②鼠径靭帯③腸骨稜の中間線
停止 ①第10~12肋骨の下縁(上部)②腹直筋鞘(中部)③精巣挙筋(下部)
作用 脊柱の回旋(同側)、側屈(同側)、前屈、胸郭の引き下げ
筋体積 73㎤
筋線維長 5.4cm
速筋:遅筋(%) ーーーーーー
PCSA 13.5㎠

 

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.