広背筋
latissimus dorsi(ラティスィマス ドーサイ)

広背筋の概要

背中の下部から脇の下にかけて広がる人体でもっとも面積の大きい筋であり、主に肩関節伸展・内転作用がある。この筋が発達するといわゆる逆三角形ボディーが形成される。

広背筋は同じ背中の筋である脊柱起立筋と混同されがちなので注意。脊柱起立筋は体幹を動かすのに対し、広背筋は主に腕を動かす筋である。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:胸背神経(C6~8)
起始 ①第6または7胸椎から第5腰椎にかけての棘突起(教養筋膜を介して)②正中仙骨稜③腸骨稜の後方④第9または10~12肋骨、肩甲骨の下角
停止 上腕骨の小結節稜
作用 肩関節の伸展・内転・水平外転・内旋
筋体積 550㎤
筋線維長 38.2cm
速筋:遅筋(%) 49.5:50.5
PCSA 14.4㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.