肩甲舌骨筋
omohyoid
(オモハイオイド)

肩甲舌骨筋の概要

肩甲舌骨筋は頚部の筋肉のうち、肩甲骨と舌骨の間を中間腱を鋏みながら上腹・下腹に分かれ、下側に弓なりになっている筋肉である。舌骨を後下方に引く作用を持つ。肩甲舌骨筋の起始は、下腹に於いて肩甲骨上縁と上肩甲横靱帯から起こり中間腱に至り、後腹に於いて中間腱から起こり舌骨の体下縁部外側に停止する。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:頚神経叢(C1-C3)の頚神経ワナ
起始 肩甲骨の上縁
停止 舌骨体
作用 喉頭と舌骨を押し下げる。舌骨を固定する。中間腱が頚筋膜を緊張させ、内頸静脈を開く。

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.