母指対立筋
opponens pollicis muscle
(オポゥネンス・ポリシィス・マッスル)

母指対立筋の概要

同じ部分を走行する短母趾屈筋よりも深層に位置する。母指対立の働きを持ち物をつかむ動作に大きく貢献している。母指球の膨らみを形成する筋の1つ。

母指対立筋は母指球の深層に位置する筋で、表面は短母指屈筋と短母指外転筋により覆われていますが、母指球の最橈側縁では直接筋腹を観察できます。

母指対立筋の特徴

母指対立筋は母指CM関節の対立運動に作用します。その他の母指球筋も対立運動に補助的に関わるものの、正確な対立運動は母指対立筋があってはじめて達成されます。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:正中神経(C6~7)
起始 大菱形骨結節、屈筋支帯
停止 第1中手骨の頭側縁
作用 母指の対立及びCM屈曲
栄養血管 浅掌動脈弓

臨床での観点

陳旧性の正中神経麻痺に対する整形外科的な再建術の多くは母指対立機能の再獲得がその目的とされます。

母指と小指の対立動作を行わせ、これを指先側よりみたときに、それぞれの指の長軸が一直線状に位置していれば正しい対立運動と考えて、

これが乱れているようであれば母指対立筋の筋力低下があるか、母指CM関節の拘縮が考えられます。

関連疾患

・前骨間神経麻痺(正中神経高位麻痺)

・手根管症候群(正中神経低位麻痺)

・母指内転拘縮,

・母指CM関節症

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.