短掌筋
Palmaris brevis muscle
(パルマリス・ブレヴィス・マッスル)

短掌筋の概要

手掌腱膜尺側縁、横手根靱帯から起始し皮膚に付着する比較的範囲の狭い筋肉です。この筋肉は関節運動を起こすことなく、緊張を高めることで関節の安定性を高めシワを作ることで物をつかみやすくします。

短掌筋の特徴

小指球の皮膚を引っ張りシワを作ることで物をつかみやすくしています。

短掌筋は、手根部の尺側の深層筋です。手掌腱膜を緊張させる役目を荷っています。従って、重い物を持ったりする時に、この筋肉は緊張して、手根部を安定させるという大切な仕事をしています。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:尺骨神経の深枝(C8~T1)
起始 手掌腱膜尺側縁、横手根靱帯
停止 小指球のない側縁の皮膚
作用 手掌腱膜を緊張させる
栄養血管 尺骨動脈

臨床の観点

TFCC損傷などで手根部に疼痛がある際にテーピングなどでこの手掌腱膜をの緊張を高めると手根部の過可動性を抑制し疼痛が緩和できます。

関連疾患

・手掌打撲

・TFCC損傷

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.