大腰筋
psoas major muscle
(ソウァス・メジャー・マッスル)

大腰筋の概要

大腰筋(腸腰筋の一つ)は腰椎の側面から大腿部の近位部に伸びる深層筋であり、起始部が浅頭と深頭に分かれている。股関節の屈曲筋として最も強力であり、腸骨筋と共に歩行や姿勢の保持重要な役割を果たす。

若い黒人男性の大腰筋は同世代の白人男性の約3倍の断面積があるというデータが発表されている。(Hanson et al 1999)

腸腰筋は英語でiliopsoas muscle (イリオソウァス・マッスル)と呼ぶ

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:腰神経叢の前枝(L1~4)
起始 ①浅頭:第12胸椎~第4腰椎の椎体側面および椎間円板側面②深頭:全腰椎の肋骨突起
停止 大腿骨の小転子
作用 股関節の屈曲、わずかに外旋、脊柱の安定作用
筋体積 266㎤
筋線維長 10.0cm
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0
PCSA 26.6㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.