腹直筋
rectus abdominis(レクタス アブドミニス)

腹直筋の概要

一般的に『腹筋』と同義の多腹筋であり、腹部の前面にあり筋腹が上下4~5段に分かれている。脊柱を前方に丸める働きを持つ、体幹屈曲の主力筋である。内臓保護する役割も担っている。

腹直筋の腹筋は縦に上下4~5段に分かれていて、その境目の線を腱画という。左右の境目となる中央の線は白線という。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:肋間神経(胸腹神経)(T5~12)
起始 恥骨結合、恥骨稜、恥骨結節の下部
停止 第5~7肋軟骨の外面、剣状突起、肋剣靱帯
作用 体幹の屈曲、胸郭の前壁の引き下げ、腹腔内圧の拡大
筋体積 170㎤
筋線維長 29.9cm
速筋:遅筋(%) 53.9:46.1
PCSA 5.7㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.