半腱様筋(ハムストリング)
semitendinosus muscle
(セミテンディノゥサス・マッスル)

半腱様筋の概要

半膜様筋と同様に膝関節屈曲と股関節伸展の働きを持つ二関節筋であり、半膜様筋を覆うように走行し筋腹は上寄りにある。腱及び筋線維が長く短距離走の選手に発達がみられる筋。

筋膜が上寄りにある半腱様筋は鵞足を形成する膝側の腱がとても長い。膝の前十字靱帯を断裂した場合、自らの半腱様筋腱を切断し前十字靭帯の代わりとして再建する手術が行われる。

半腱様筋は筋腹が腱画と呼ばれる線によって途中から上下に分かれている。骨盤側は紡錘状筋に膝側は羽状筋に近い構造となっておりそれぞれ機能も異なる。

ハムストリングとは

ハムストリングとは大腿の裏側にある半膜様筋・半腱様筋・大腿二頭筋の総称である。太もも(ハム)の裏側にある膝近くの腱(ヒモ=ストリング)を形成していることが筋名の由来となっている。

膝関節屈曲に加え股関節伸展もある二関節筋である。むしろ膝よりも股関節に強く作用する。

日常生活では上体を前傾した状態から起き上がる動作などで使われる。歩行や走行において前方に足を振り出す際の膝下にブレーキをかける重要な役割もある。

これは高速で走るスプリント走において特に強く使われる働きとなる。

すべての筋(大腿二頭筋の短頭は除く)が二関節筋であり骨盤下部から起始し股関節と膝関節を跨いで脛骨及び腓骨に停止する。

外側に大腿二頭筋が内側に半腱様筋とそのやや深層に半膜様筋が位置する。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:脛骨神経(L5~S2)
起始 坐骨結節の内側面
停止 脛骨粗面の内側(鵞足を形成)
作用 膝関節の屈曲(膝屈曲時に下腿を内旋)、股関節の伸展
筋体積 212㎤
筋線維長 9.1cm
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0
PCSA 23.3㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.