頭板状筋
Splenius capitis muscle
(スプリニアス キャピティス マッスル)

頭板状筋の概要

頸部の後面にある比較的大きな筋。僧帽筋の筋腹の内側を走行し、筋腹に触れることもできる。主に頸部伸展の作用をもつが、片側だけ働いた場合は同側回旋の作用もある。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:脊髄神経の後枝(C1~5)
起始 第4頸椎~第3胸椎の棘突起、項靱帯
停止 側頭骨の乳様突起、後頭骨の上項線の外側部
作用 頸部の伸展、回旋(同側)・側屈(同側)
筋体積 27.1㎤
筋線維長 10.8cm
速筋:遅筋(%) 75.0:25.0
PCSA 2.5㎠

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.