外側広筋(大腿四頭筋)
vastus lateralis muscle
(ヴァスタス・ラテラリス・マッスル)

外側広筋(大腿四頭筋)の概要

大腿前部の外側にある大腿四頭筋最大の筋であり、他の広筋群と同様に膝関節伸展の働きがあり、特に膝関節内旋位では貢献度が高くなる。

外側広筋をはじめとする大腿四頭筋は膝でブレーキをかける働きにも使われる。ジャンプの着地や走行のストップ、坂道を下るといった局面において膝を強く伸ばしてブレーキをかけることにより体全体の勢いを止める役割がある。

ブレーキ時は遠心性収縮を起こしているので実際にはゆっくりと膝関節を屈曲させて衝撃緩衝や速度の調整を行っている。

スポーツにおいて大腿四頭筋は膝で体にブレーキをかける役割があるため半身になる種目の選手は前脚側の大腿四頭筋が発達しやすい。

大腿四頭筋とは

大腿四頭筋とは膝関節の伸展作用を持つ中間広筋、内側広筋、外側広筋、大腿直筋の総称である。大腿直筋のみ股関節と膝関節を跨ぐ二関節筋であり股関節屈曲も併せ持っている。

大腿直筋を除く3つの広筋は単関節筋であり広筋群と呼ばれる。中間広筋や外側広筋など大きい筋が集まっているため複合筋としては人体最大の体積を持つ。(筋単体としては大殿筋が最大)

膝を伸ばす力によって上体を持ち上げる立ち上がり動作や歩行動作、ランニング、跳躍など日常生活からスポーツまであらゆる動きで使われる重要な筋群である。

太もものシルエットを形成する筋群である大腿四頭筋は大腿骨に沿って中央に大腿直筋、外側面に外側広筋、内側面に内側広筋が走行する。中間広筋は大腿直筋の深層に位置する。

筋肉データ

項目 内容
神経 神経支配:大腿神経(L2~4)
起始 大腿骨の大転子の外側面、転子間線、殿筋粗面及び粗線の外側唇
停止 ①膝蓋骨の上縁及び外側縁②膝蓋腱を介して脛骨粗面
作用 膝関節の伸展
筋体積 514㎤
筋線維長 8.0cm
速筋:遅筋(%) 58.5:41.5
PCSA 64.3㎠

 

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2020 All Rights Reserved.