未分類

無意識に良い事してる?

最近、仕事の価値観を見聞きする事が多く、お金のために働いている方や、やりがいのために働いている方、好きな事を仕事にしている人など様々です。

恐らくどれも皆の中にある心模様で、どれか100%でなく、仕事に対する複雑な思いがあるんだろうと思います。

はてさて、私はそんな中でどうしても自分の価値観と合わないものがあります。

『長いものには巻かれろ』とか『ゴマすりで出世』とか『金儲けは悪』とかは価値観が全く合わないんですよね。

勿論どんな想いで仕事をしても個人の自由なので全然構いません。

問題はわざわざ僕に言いに来るパターンです。

価値観の相違は仕方がないとしても衝突は避けたいものですね。

 

さてさて、『タイトルの無意識に良いことしてる?』はどうつながるのかというと、注意された時の返事で『そんなことしてました?無意識でしてたのかな?』

こんな返事を聴いたことはあるでしょうか?

僕の経験上、無意識に良いことや正しい事をする人はいないと思います。

正しいことの定義は難しいですが、利他的としておきましょう。

例えば、気づいたら悪の道に逸れていたとか、気づいたら寝転がってせんべえを食べるとかそんな話は聞いたことがありますよね?

気づいたら正しいことをしているとか、気づいたら善人になっているとか、気づいたらスクワットしていたとかそんな話は聞いたことが無いですよね?

無意識は自分が楽な方向に向かうものです。逆に辛いことは意識的にしか出来ません。

正しいことを貫くという事は相手にとって、もしくは自分にとって辛い場合があります。

なので意識しないと出来ないのです。

 

もし言葉遣いや態度を注意された場合は意識して直さないとこれは修正できません。

普段の自分と違うことをするのは辛いので無意識に逃げてしまうのです。

 

こんな話をわざわざ書いたのは、注意されるときも注意する時も嫌な思いをするので、ここから逃げないで向き合わないと成長は無いという事です。

成長するときには嫌な思いに向き合って意識して行動しなければいけません。

そのうち意識しなくても、それが出来るようになったときにその人は完全に変化しています。それも良い方に(^ω^)

よもやま話ですが、今回の話の要点は、行動変容は常に意識と共にあるということです。

ちなみに、スポーツでも練習の成果は意識が大切です。

意識が行動を変容し、継続が人格を形成すると考えています。

これから社会人になる方は仕事の中で注意される事もあると思います。そこで成長に向かうのかどうかは結局のところ自分の意志次第です。

相手を嫌な人と終わらせるのか、自分の成長の糧にするのかは自分次第だと思います。

 

僕は今後も色んな人の意見を吸収して成長し続けたいと思います。

-未分類

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.