筋肉

どうして筋肉を鍛えると大きくなるの?

どうして筋肉は鍛えると太くなるの?

この疑問はあまり思わない人が多いのでしょうか?運動を頑張っても骨がドンドン太くなったり神経や関節がドンドン太くなることはありません。

ではどうして筋肉は鍛えるほどに太く大きくなるのでしょうか?

まず筋肉というのは筋線維が集合してできた組織です。筋線維は40~100㎛(マイクロメートル)の太さでで、髪の毛の太さか、それよりも細いくらいの太さになります。長さは長いと10cm以上の長さの細胞もあります。

センチメートルで表すと0.004cm~0.01cmというとんでもなく細くて小さいイメージですが他の細胞に比べるとまだまだかなり大きい部類に入ります

https://rika-net.com/contents/cp0340/contents/f0/03/f03000.htmlより引用

他の細胞は6~25㎛なので筋肉がいかに大きな細胞か分かりますね。

この筋肉がなぜこんなにも大きくなったのでしょうか?これは『筋芽細胞』という細胞がベタベタと沢山くっついて線維状に伸びているからです。

この細胞がたくさん集まっている筋細胞は栄養補給や、太さや大きさの調節、エネルギーの調節などで、てんやわんやな状況なのです。

これを一つの核(細胞核)で全部を取り仕切るのは無理なので複数の核で分業しています。

つまり筋肉は単核細胞ではなく多核細胞という形態で運営しているのです。そのため、同じ筋線維でも端と真ん中で細胞の状況は異なります。

つまり他の細胞は単核細胞なので個人企業みたいなもので壊れたら新しい細胞を分裂させるだけなのですが、筋肉は違います。

筋肉はゆうなれば巨大複合企業みたいなものなので、簡単に分裂して作ることも出来ないですし、細胞が一個でも損傷すると他への影響は甚大ですので、直ぐにでも補修しようとします。

 

会社に例えるよりもモビルスーツと母艦で例えた方が良かったかもしれないですが、説明は変わりません。

要するに壊れた部分をリフォームして再度利用しようとするのですが、以前壊れた原因に対応すべく少し強くして補強します。

これがトレーニングによる筋肥大のメカニズムです。

筋肉がトレーニングで大きくなるのは巨人になるのを防ぐためだった?

人類は哺乳類ですが、哺乳類は種類によってその大きさは異なりますが大体その種類の枠を超えないサイズで落ち着きます。

たまにジャイアント馬場さんやアンドレ・ザ・ジャイアントさん、ジャイアント・シルバさんのようなとんでもない大きな方もいらっしゃいますが、それでも数倍、十数倍といったサイズにはなりません。

Wikipediaよりパブリックドメイン

写真はロバート・パーシング・ワドローさんというギネスブックにも載った記録されている人類最長の男性です。なんと身長272cm233㎏という刃牙の世界ならピクル以上の巨漢です。

しかし、一転して魚類や爬虫類なんかは種類差である程度の大きさはあるものの、食べた量や生きている年数でとてつもない大きなサイズになることもあります。

カリフォルニアのタホ湖でとれたという金魚です。とんでもないサイズですね。普通の金魚の10倍以上です。

こちらはフランスで釣れた金魚のとのことです。髭もあるしもしかしたら鯉の可能性もありますが、やはりとんでもないサイズです。

人類は哺乳類で成長ホルモンが無限に出て巨大になり続けるというのはあまりありません。

魚類や爬虫類は比較的、単純な生物ということもあり、倍数体という分裂する染色体の数が多くなった変異個体もいます。

話を人間に戻しますが、人間は高度な知能を持ち集団で生活することで自然界を生き延びた社会性動物なので巨人になるのは生態系の生存戦略的に不利なのです。

巨大だと消費エネルギーが大きく食糧難になりますし、巨大生物は個体数が少なく社会性動物として人間ほど大きなコロニーを形成することが出来ません。

巨人にならないほうが良い理由はあげればキリがないのですがとにかく巨大になるということは大変ですので人間には巨大生物にならないためにある程度制限がかかっています。

成長ホルモンの分泌量や、骨軟骨への増殖因子の制限などもありますが、今回の注目は『ミオスタチン』です。

筋肉が食事をとるだけでドンドン巨大化されると困るので筋タンパク合成能を抑制するためのホルモンとしてこの『ミオスタチン』があります。

人体にはある作用をする物質と反対の作用をもつ反作用物質がありますので筋タンパク合成能を促進する『マイオカイン』もあります。

筋トレをするとこのマイオカインが増加して、ミオスタチンが減少します。そのため筋タンパク合成能が高まり摂取したアミノ酸(タンパク質)が筋肉を太くします。

ここまで読んで下さりありがとうございます(;^ω^)

また筋肉シリーズを書いていきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

-筋肉

Copyright© rehabili days(リハビリデイズ) , 2021 All Rights Reserved.